ごっちゃんのひとりごと

ローカル好き国際系大学生の思ったこと体験したこと

【4/24~4/30】1週間ふりかえり「この世界は面白すぎる」

前回の記事を書いてから約1週間経ちました。

目標が達成されているのか、されていないのか一度振り返ってみます。

その他感想も書き留めます。

f:id:inakasuki:20170501224918p:plain

学内カフェで初めてエスプレッソを注文し、手渡されたのがこれだった。

エスプレッソの量ってこんなもんなんですか……?

 

 

▼一応前回の記事貼っときます。

inakasuki.hatenablog.com

 

セメスター目標の達成具合

先週私はいつくかのことを習慣にしていくと言いました。それらが実際やってみてどんなもんだったのか、主観での達成率と併せて記します。感覚的に決めているのできちんとした指標があるわけではありません。ご容赦を。

 

●早寝の習慣…達成率30%

これが一番出来なかったはず。原因は思い当たるもので4つ。

➀その日中に仕上げなければいけないものが未処理または不完全

②考え事をしていて眠れない

③気づいたら午前0時

④そもそもお風呂に入るのがめちゃ遅い

➀に関しては、日中の生活に改善の余地があるのだと思います。「その日中に仕上げなければいけないもの」って、大体は課題なんですけど、そもそも手を付けていなかったり忘れていたり(だめじゃん)、または終わっていなかったりするため時間が押してしまいます。さらに押してしまうことの原因もあるのですが、勉強に関して少し悩んでいることがあるのでそちらは後術します。

②は、意識の問題でしょうかね…。その日の感情の整理が終わってないんです。楽しかったこと、嬉しかったこと、良くなかったこと、不安なこと、今の生活のこと…考えだしたらきりがないんです。無限のループであり、果てしないスパイラルです。深呼吸を意識したらリラックスして寝られるようになったので、考えすぎないことが大事かなと思います。ノーシンキング。

実は③の「気づいたら午前1時」もほぼ同じ理由です。毎日大体8時くらいに帰宅しますが、そこからぼーっとご飯食べて、ぼーっとしていたらいつの間にかもうこんな時間…となってしまう。ものすごいたくさん何かをしたってわけではないんですけど、疲労感を感じやすいのでしょうか…。(これも後術します)

④に関しては、文字通りです。集中して何かやっていたら「もうこんな時間!?」ということも少なくない。あるいは「お風呂入るのめんどくさいな~」と考えていたら夜はしんしんと更けていました。週の途中で「めんどくさい」をやめたら生活がかなり変わりました。なのでやめます。

一応、1週間のうちに色々やってみたりもしているので、解決策などもあがりつつあります。睡眠で翌日のパフォーマンスが変わるので(それでも前セメスターに比べて随分楽な生活してるからあまり被害はないけど)、今後も大切にしたいです。

 

●食の習慣…達成率67%

何とも微妙な数字になりましたが、こんなもんです。

基本的に私は作り置き派なので毎日料理はしません。また今週は外食も多かったので、これくらいの数字にしました。

それでも前セメスターより料理しているので、満足しています。

そしてもう1つの習慣「よく噛んで食べること」を意識したおかげで、食べることの幸せをより実感しています。どうせ食べるんだったら、楽しく美味しくいただきたいものです。

実は、さらに美味しく食べるために「食べてる間にスマホを触らない」ことも実践し始めました。せっかくの料理に失礼かと思うので。

※前セメスターは連絡の確認や予定を立てるのにスマホを食事中も凝視してました。そんなに生き急ぎすぎなくていいです…。

f:id:inakasuki:20170501225059p:plain

作った証拠として1枚。ラタトゥイユもどきを食パンにかけました。

 

●読書の習慣…達成率??

表示の仕方を迷います。ていうかよく分からなくなってきてる。

というのも自分が選んで読んだ本はそんなに読めていなくて、授業課題の本ばかり読んでいた気がするからです。

選んだ方の本を今週どれくらい読んだか今確かめました。どうやら一応読んでいるんですけど、今週はあまり進んでいないことに気づきました。前半は読んでたけど、週の後半にあまり読んでいなかったのかな。

いつ、何を読むのかを決めてその時間を確保したほうがよさそうです。 

 

●運動の習慣…達成率20%

正直これやってない日ありましたね笑。

今週も別に大した運動はしてなくて、前回の記事で書いた通り腹筋しかしてません。

やってみて気づいたことは、正しい姿勢を保つのがとても楽なることです。あと何も集中できないときにやると気分転換になって、次のことに取り組みやすくなること。

そして歌いやすくなります。。当たり前だけど

それだけなんですけど、なんだか楽しくなってきました。もっと上手に生活に取り入れられる気がします。

 

●勉強の習慣…達成率70%

迷いましたが少し高目につけました。それは固定的にやる時間が(大体)決まっており、何かするときに勉強を優先していることが多いからだと思います。

でもたまに課題の出来は手を抜いてます。。ま、かちかちしすぎに。気楽にいきましょう。

 

●思考の習慣…達成率60%

毎日色んなこと考えすぎてるから、そりゃ達成率は高くなるなってことでこの数字にしました。(根本的解決にはまだまだですが)

今週だけでも色んな考えに出会いました。人から教えてもらったことの方が多いけど、授業で読んだ本からも、自分で選んだ本からもたくさん色んなことを教えてもらいました。それだけではなくて他の人のブログを読んだり、twitter漁ってみたり色々しています。一応弁解しておきますが、ツイ廃にはなってません。

でもあまりにも考えすぎなので、もう少し落ち着いて気楽にしたいです。じゃないと頭疲れちゃう。しんどくなる。運動するなどして気分転換しましょう。

以下、印象的だったもの、面白かったものを書けるだけ書きます。

 

「好きなことやればいいじゃん」

 将来的に何をしたいのか話していた時、「はっきりとやりたいことが決まっているわけではない」と言うと、じゃあ何が得意なの?何が好きなの?何が趣味なの?とたくさん聞かれ、答えると「じゃあそれやればいいじゃん。苦手を伸ばすより得意を活かしたら?」と言われました。随分昔に漫画で読んだような言葉でしたが、改めて自分の好きなことを思い出せて楽しかったです。職業とするのかどうかは分かりませんが、好きな物は一生好きでいたいと思いました。ありがとうございました。

 

「悩みは自分の中で答えの出てるものしか相談しない」

悩みって何よ?という話をしていたときに出た言葉。発言者曰く、自分で悩みの答えはほとんど出ているので、それが正しいのかどうか確認のために相談という形で人に話して、相談者は納得性を高めているらしいです。

これを聞いた時ものすごく納得しまして、自分に当てはまりすぎて思わず笑ってしまいました。確かに悩みの相談ってほとんどの場合、とりあえず自分が喋っただけなんですよ。納得した時って相談された側がよく聞いてる。アドバイスしてる時間より内容話してる時間の方が長い。相談された側は黙って聞いたり、必要な場合は質問したりと徹底的に「聞き上手」。むしろアドバイスいらないときあるし。

それに相談できる悩みの内容も限られてる。絶対人に言えないことは相談しない。それが真の意味で悩みのはずなのに。

当たり前のことかもしれませんが、はっとしました。ありがとうございました。

 

「頑張るんじゃなくて、ただこなす」

ある人が「俺って一番頑張ったことってないんだよね。いつもただやってるだけ。」と言っていました。それって色んな意味ですごいことじゃありませんか?今やってることに感情が全くわかずに処理し、しかもそれを全ての事柄に当てはめてできるなんて、仕事する上で超楽そう。

私は「頑張るのは当たり前」と思って生きてきた期間が長いので、打ちのめされました。面白味を感じないのは寂しいけど、どこかこういう要素は持っていた方が楽な場合がありそうです。感情に左右されることが多いので、この言葉は頭の片隅に置いておきます。

また「頑張る=こなす」じゃない。それを教えてくれた一言でもありました。

ありがとうございました。

 

もう少しあるのですが、書けるだけの限界がここまでなので一旦止めます。

 

今週の疑問

努力と結果は比例するのか?

ある人が「やったぶんだけ結果につながる。成果はでる」と言っていたのですが、私はそうは思いませんでした。自分の経験が強く影響しているのですが、それって正しい努力をした場合だと思います。間違った努力や方向性を誤ってしまうと、結果は絶対ついてきません。また意味のない努力はないと言いますが、それは本当なのでしょうか。努力そのものが大事ということであれば、意味のない努力は存在しないと思いますが。

決して努力することを批判しているわけではありません。努力があってこその結果です。しかし必ずしも努力と結果は比例するのでしょうか。

 ちょっと昔のツイートですが激しく同意します。

 

今週の課題

前述した悩みについてです。

結局は2つとも1つの同じ悩みで「勉強など頭を使う行為が長続きしない」ということです。疲れやすいのでしょうか。粘ったとしても、私は連続3時間が限界です。

そしてもし集中してそれをやり遂げたとしても、その後何も手に着かないのが問題です。

▼受験生1日10時間も勉強してるのかと思うと少し萎えました。

勉強の効率を最大化させる!人の『記憶力の限界』の話。 | 東進ハイスクール 新浦安校 大学受験の予備校・塾|千葉県

 

でも振り返って色々考えたら、逆に3時間も集中できんのすごいなと思いました。笑

たった今「人はどれくらい集中できるのか」をネットサーフィンして探しましたが、学者さんによって意見も違うようで、目安として40分~2時間程度とのこと。個人差もあるようでした。何に集中するのかによっても変わってくるようで、好きなこと(例:ゲーム)はそれ以上にも集中できる…とありました。

え、簡単なことやん。

限界値までやったらそりゃ休息も必要だわなと気づきました。受験生でもないし、必要に迫られて勉強しているわけでもないので、気楽にやればいいんです。そもそも自分の人生を充実させるためにやってんだから、そこまで思いつめる必要もないのです。

ということで、今後意識していくことは

集中できなくなったらやめる、もしくは別のことに取り組む

とします。

 

新しい試み

新しい試みをはじめました。

➀todoリストを作らない

理由:がんじがらめになるから。やること大体覚えてるから。

②その代わり1日の終わりにできましたリストを作る

理由:できたことを可視化すると嬉しくなるから。もっとできるんじゃない?ていうモチベーションにもつながるから。

▼参考

自動代替テキストはありません。

他愛もないことでいいのです。

③(上でも書いたけど)ながら食べをしない

理由:この料理に関わった全ての人・環境に失礼だから。食事の時間を楽しみたいから。

④正しい姿勢を保つ

理由:昔は姿勢良かったのに悪くなったのが悲しいから。姿勢いい方が綺麗だから。

 

感想

この1週間は出来ないことがあっても「まあいいや」くらいで過ごせた久しぶりの期間で、とても楽しめました。プレッシャーやストレスを掛けすぎない事の重要性に気づけました。毎日がとても楽しいです。

こうして色々やっていますが、ほとんど全部ものすごく当たり前のことだと思います。でもわざわざなぜそれをやってるのかって、改めて実践して振り返ることを今までやってこなかったし、なんとなくじゃなくてサイクルで回すことでより充実できそうだったからってだけなんですよね。何が正解かなんてわからないし、やってみないと分からない事の方が多いから、やってみる。楽しくてしょうがないです。

改めて習慣を見直して、新しい試みも出て、それ以外にもたくさんやりたい事がでてきました。こうして書いてみると私って欲張りなのか?!と思いました。でもどれもこれも面白すぎるんです。自分の知らない事がまだまだたくさんあって、それを教えてくれる人もいて、まだまだやれることがある。「この世は生きるに値する」久々にそんなことを思いました。

 

 

次週(もう今だけど)はこれを踏まえて

「やめたくなったらやめなさい」を心の片隅に置いて過ごします。