ごっちゃんのひとりごと

ローカル好き国際系大学生の思ったこと体験したこと

復学して悩んでいたこと

私が大学に復学して1年が経とうとしています。

 

 

このブログでも何回か書いたのですが、復学してからは周りとのギャップに悩まされていました。

 ▼これなんかそうじゃないかな。

inakasuki.hatenablog.com

 

インターンシップで身に付けた

●返信にはいち早く対応

●求めるものを可能な範囲で高く持つこと

●決めたことは責任もって最後まで取り組むこと

●ミーティングには必ず参加

 

など、まあ、当たり前のことなのですが

それを当たり前としていない周りと活動するのがしんどかったです。

 

 

自分の当たり前を他人に押し付けてもいいものか

いや、でもみんなも近い将来社会人やし…

いや、でも一応学生っていう身分だからそこまでしなくてもいいんじゃないか…

 

 

などなど

色々思うこともありまして、結局そこまで指摘はしませんでしたね。

 

 

でも、全てを見限っていたわけではありません。

この人たちにはここまで求めてもいいんじゃないか、と思って伝えてみたり

自分の思いをストレートに伝え、チームの方針を決めることもありました。

 

形としては、私が当たり前としていることに全て添えたわけではないけど

チームとして理想の形を追求することができたと思います。

 

 

今回は、所属先のどのチームでも大体やれました。

今後も何をどこまで求めるか、メンバーと話し合いながら決め実践できたらいいと思います。

 

 

実は、9月末にインターンシッププロジェクトに関するプレゼンテーションを行った際に「大学に復学して周囲との差を感じたことはありましたか?」と聞かれたことがありました。

そのときはあまりチーム活動をすることがなかったので「いやありません」と言っていました。

 

 

でも今セメスターに複数のチーム活動に参加して、それを顕著に感じました。

 

 

だからと言って、周りが劣っているわけでも、私が優れているわけでもありません。

不可抗力というか、もう仕方のないことなのです。

 

でも、インターンシップを経験し、様々なことを学び、大切にしたいものを身に付けられたのは確実に価値あるものとなったと自信を持って言えます。

 

 

当初は復学して悩むことは交友関係くらいかと思っていましたが、

このように悩むこともあるなんて

休学はおもしろいなと改めて実感する機会にもなりました。

 

 

その他、この悩みを聞いてくださった先輩・チームメンバー

インターン中お世話になった方など

ありがとうございました。

私一人の力で乗り越えはできませんでした。

助けられました。

 

 

 

P.S

9月の時点じゃチームで活動うんぬんの前に、休学前に付き合っていた友達がみんな休学しちゃったもんやから、入れ替わりになってしまって会えなくて…そもそも比べる機会なんてなかったていう笑い話もあります。

 

タイミングが微妙にずれて休学すると、「友達いない」ていう苦境にも立たされるので、、休学は計画的に、無理のない復学プランを立てることをおすすめします笑。

でも、90%どうにかなるので、したいと思ったときに休学するのが一番かな。

(どっちやねーん)

 

休学うんぬんについては、また整理して書きますね!

 

 

ありがとうございました。