読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごっちゃんのひとりごと

ローカル好き国際系大学生の思ったこと体験したこと

もう、かっこよすぎて。

近況

あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶が遅れてしまったこと、深くお詫び申し上げます。

 

さて、新年1発目は趣味っぽい話から。

いつも以上に私事なので先にお伝えしました。

 

 

 

 

 

実は私大河ドラマのオープニング曲を聴くのが好きでして、内容は観ていなくてもオープニングだけは知っているということがあります。

ラインナップはわりと最近のものが多いのですが

功名が辻以降の作品は大体聴いたと思います。ちょっと前のでいえば独眼竜政宗も好きです。また、大河ではありませんが、坂の上の雲も気に入っています。

 

でも、オープニングを聞くのに飽き足らず本編に手を出してしまうときもあります。

逆に本編を見たいけど、ちょっと時間がないのでとりあえずオープニングを聴いてみようということもあります。

 

 

そんなスタンスですので、今回もしつこく真田丸のオープニングを聴いておりました。

 

 

オーケストラが勇ましい…かっこいい!!!

ソロ・三浦さんの弾いてる表情もすごいいい…!!

作曲、服部さん…!

 

 

元々楽器を少しやっていたのでオーケストラの音も好んでおり、とても心に響いております。

 

ま、こんな感じで聴きまくっていたのですが

ついに物足りなくなり(我慢できなくなり)

 

 

真田丸の本編に手を出しました。

 

 

 

50話すべてを見るのは無理そうだったのと、諸事情ございまして最終話だけはちゃんと見ようということに落ち着きました。(この決断がのちのち大変なことによるとは、このとき思いもしませんでした)

 

 

少し遅れて、録画していた最終話を見たのですが

 

 

 

かっこいい……………!!!!!

 

 

 

真っ赤な甲冑、真っ赤な旗、赤、赤、赤、あか、aka........

役者のみなさまの真摯な姿勢

フィクション作品としての内容

それぞれのキャラクター

 

そしておもしろい。

 

 

特に主人公、真田信繁には感動いたしました。

生きた証を残すこと。愛する者のために戦うこと。冷静さを保ちつつも、まっすぐに向かっていく熱い心。周りの者たちを信じること。

私ごときがいうことではないのですが、日本一の兵と呼ばれるにふさわしい。そのように描かれていたように感じました。

 

同時に、今の私自身にも当てはまる大切な物に気付かされました。

学期中、とりまとめを行うこともありまして「なんでうまくいかないんだろう」と感じることもあったのですが、今回彼の姿をみていて調整役の心持を教わったように思います。

そんな中でも熱い心で真っすぐに突き進んでいく。それも個人としてだけでなく、集団の方向性なども意識した上で。憧れます。

以前より2017年の目標の1つにしようと思っていた「周りを愛する」も確固たるものになりました。

 

 

もうここまで来てしまったので、5分でわかるシリーズ及び総集編を見ました。さらには次回の休みに本編を全て見ようと考えています。

(これがはまっていくということなのでしょうね。)

 

 

ちょっとまだまだ書き足りない面もあるのですが、ヒートアップして違う方向にいきそうなのでこのへんで止めておきます。こうやってどはまりするなら、周りと話題を共有できる2016年中に現在進行で見ておくべきだったのでは、という声もあるかと思いますが。

 

そんなわけで、ここ数日は口をついて「かっこいい」ばかり言っているような。

学校が始まるまでには、ギアチェンジできるといいですね。

ではでは。