読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごっちゃんのひとりごと

ローカル好き国際系大学生の思ったこと体験したこと

スキマ神話の崩壊

気づき

今セメスターでは様々な活動を通し、色々なことを学びました。

正確に言うと、学ぶだけでなく今までの価値観を変える機会となりました。

 

その中の1つ、スキマ神話の崩壊は大きな衝撃でした

 

 

1月中頃にtwitterでも書いたのですが

『スキマ時間の活用』っていうけれど、それを全てのケースでやり出したら単純に『フルタイム活動中』になるので、逆に一息つく時間が必要になって、結局活用しようがしまいが、活動する時間はあまり変わらなくなるのではないか、ということです。

 

 

受験生のときから、莫通信教育機関は『スキマ時間の活用』を叫んでいましたし、

本屋さんの広告を見れば、『通勤時間は読書して、スキマ時間の活用!』みたいなことが書いてあったりした。

 

なので、世間的に『スキマ時間の活用』は良いとされていることなのだと思っていました。

 

これまでの人生で長くスキマ時間の活用を意識していたわけではありませんが、インターン期間中に公共交通機関でパソコン操作を行うことに慣れたせいか、今セメスターでもそれを行っていました。

 

連絡の返信は主にバスの中。

所属先のSNS更新もバスの中。

 

 

改めて何をやっていたか思い出してみると、これくらいしか思いつかないのですが(情けない量ですねこれっぽっちしかない)、バスの中で適度に対応しきれるのはこれくらいしかないので、これらは全てバスの中でしかやらない!くらいの気持ちでいました。

 

 

なので、返信が遅い人とか、忙しいを口癖に言う人は腹立ちました。

探せば時間あるやろーって思って。

正義感強すぎて周りにもそれを求めるみたいな感覚。

 

 

しかし、続けていると、段々しんどくなってきて

休みたいと思う様になりました。

でも、いつも就寝時間が遅いのにこれ以上どの時間を使えばいいのだろうか…

 

色々考え、探した結果

私は自分がいつも休めていない事

それによりパフォーマンスが低下していることに気づきました。

 

 

それに、誰もここまでやることを求めていないし、やっていない。

 

無理して自分だけが頑張っても何ももたらさないのではないか。

 

もっと周りに合わせてもいいのではないか。

 

 

そんな考えから、自分の活動量を減らしました。

すると、周りに対してもイライラしなくなりました。

 

また、休息をとることを優先した結果

結局スキマ時間で活動する必要は今のところないな、という考えに至りました。

 

 

交通機関での作業に疲れて、目的地到着後に休んでいるのなら、結果は同じ。

だったら交通機関ではリフレッシュのためにも休んで、次に行うことのための切り替えが必要。

 

もっと短期間で達成しなければならない目標があるのならば、スキマ時間をもっともっと活用しなけらばならないかもしれない。けど、今目指しているのは長期的な目標の達成だから、継続的にスキマを使うのは今の私にとって難しいことなんだろう。もっと長い目で見て活動しよう。

 

 

そんなこんなで、スキマ神話は崩壊しました。

 

 

自分が信じていたものが壊れるってちょっと悲しかったりもするのですが、今回はそれでもいいかなーって思えるようになりました。

 

1つの目標に向かって頑張ることも、達成を目指すことも大切。

だけど、継続できなきゃ意味がない。

 

 

そんなことに気づかせてくれた、今セメスターに感謝したいと思います。

ありがとうございました。

 

復学して悩んでいたこと

休学・復学

私が大学に復学して1年が経とうとしています。

 

 

このブログでも何回か書いたのですが、復学してからは周りとのギャップに悩まされていました。

 ▼これなんかそうじゃないかな。

inakasuki.hatenablog.com

 

インターンシップで身に付けた

●返信にはいち早く対応

●求めるものを可能な範囲で高く持つこと

●決めたことは責任もって最後まで取り組むこと

●ミーティングには必ず参加

 

など、まあ、当たり前のことなのですが

それを当たり前としていない周りと活動するのがしんどかったです。

 

 

自分の当たり前を他人に押し付けてもいいものか

いや、でもみんなも近い将来社会人やし…

いや、でも一応学生っていう身分だからそこまでしなくてもいいんじゃないか…

 

 

などなど

色々思うこともありまして、結局そこまで指摘はしませんでしたね。

 

 

でも、全てを見限っていたわけではありません。

この人たちにはここまで求めてもいいんじゃないか、と思って伝えてみたり

自分の思いをストレートに伝え、チームの方針を決めることもありました。

 

形としては、私が当たり前としていることに全て添えたわけではないけど

チームとして理想の形を追求することができたと思います。

 

 

今回は、所属先のどのチームでも大体やれました。

今後も何をどこまで求めるか、メンバーと話し合いながら決め実践できたらいいと思います。

 

 

実は、9月末にインターンシッププロジェクトに関するプレゼンテーションを行った際に「大学に復学して周囲との差を感じたことはありましたか?」と聞かれたことがありました。

そのときはあまりチーム活動をすることがなかったので「いやありません」と言っていました。

 

 

でも今セメスターに複数のチーム活動に参加して、それを顕著に感じました。

 

 

だからと言って、周りが劣っているわけでも、私が優れているわけでもありません。

不可抗力というか、もう仕方のないことなのです。

 

でも、インターンシップを経験し、様々なことを学び、大切にしたいものを身に付けられたのは確実に価値あるものとなったと自信を持って言えます。

 

 

当初は復学して悩むことは交友関係くらいかと思っていましたが、

このように悩むこともあるなんて

休学はおもしろいなと改めて実感する機会にもなりました。

 

 

その他、この悩みを聞いてくださった先輩・チームメンバー

インターン中お世話になった方など

ありがとうございました。

私一人の力で乗り越えはできませんでした。

助けられました。

 

 

 

P.S

9月の時点じゃチームで活動うんぬんの前に、休学前に付き合っていた友達がみんな休学しちゃったもんやから、入れ替わりになってしまって会えなくて…そもそも比べる機会なんてなかったていう笑い話もあります。

 

タイミングが微妙にずれて休学すると、「友達いない」ていう苦境にも立たされるので、、休学は計画的に、無理のない復学プランを立てることをおすすめします笑。

でも、90%どうにかなるので、したいと思ったときに休学するのが一番かな。

(どっちやねーん)

 

休学うんぬんについては、また整理して書きますね!

 

 

ありがとうございました。

経験を活かせたよろこび②

気づき

前回の記事で、今までの経験を活かせてよかったという旨を書きました。

▼前回の記事 

inakasuki.hatenablog.com

 

今回もまた、チームでの活動中に体験したことを書きます。

 

 

プレゼンテーションを行うにあたり、先生より指導をいただいたのですが

メンバーほぼ全員涙を流し……。

 

 

具体的に何を注意されるかというと、

 

喋り方について

姿勢・立ち方について

発表の説明の仕方について

PPTスライドについて

 

などなど…

 

その他、発表資料について言及を受けるメンバーもおりました。

 

 

練習終了後のミーティングでも思いがあふれ、泣き出してしまう…

そんな場面もありました。

 

全員怒られていることを感じ、辛くしんどい思いをしていました。

先生に対し怒りを感じているメンバーもいました。 

 

 

理不尽な言い方だとか

 

なぜもっと早く言ってくれなかったのかとか

 

様々な思いがありました。 

 

 

 

そんな中、私は一筋の涙も出ず

指導員の言葉に怒りすら覚えていない。

むしろ怒られた感覚がありませんでした。

 

 

そのときは「私怒られたっけ」と自問自答し

仲間・先輩にも「怒られた覚えがない」旨を伝えました。

 

 

しかし彼らは「ごっちゃんも同じくらい言われてたよ」と口をそろえ

さらに「でも、その銃弾をごっちゃんは受けていなかった。むしろ跳ね返していた」

と言いました。

 

 

そのときはよく分からなかったのですが

 

プレゼン本番終了後、様々な人と話し、原因が分かりました。

 

 

 

それは私が今までメンタルを鍛える機会を得ていたことです。

 

 

一番大きい経験は、部活動でした。

私は中高6年間吹奏楽部に在籍し、青春を全て捧げていたのですが

怒られていた記憶ばかり。

まっとうな理由で怒られたこともあれば、身に覚えのない理由で怒られたこともあり…さらに吹奏楽部独特の下手な奴に対する嫌な雰囲気を何度も味わっていました。そういえば、自分の存在意義とかも考えてましたね…迷走。

 

とにかく、あれだけ怒られる経験をすれば、少しは強くなります。

 

 

あとはインターンシップの経験。

こちらも怒られることも、指摘もたくさんいただいていました。

 

 

 

そういうものを受け取る経験を今まで重ねたおかげで

ちょっとやそっとじゃへこたれない精神力が身に着いたのだと思います。

 

 

いや…でも涙は出ることは出ますよ。だって女の子ですから。

 

 

 

 

こんなぎりぎりの状況に追い込まれる機会も、大学にいる間はあまりないものですから気づくことがありませんでした。

 

今回の体験を通じて、自分の強みや、今までやってきたことが確実に身になっていることを認識でき、非常に嬉しいです。

 

 

過去の自分は変えられないので、いつもは悪いところばかりに目が行ってしまいますが

 

今回は「あきらめずにやってきてよかった」と思うことができました。

 

 

多分、ほとんど初めてじゃないかな。

 

 

 

経験を活かせたよろこび②として、「精神的な強さに気づけた」ことを挙げました。

とりあえずこの2回くらいで終わりそうなので、③はないかと思います。

 

もしまた気づいたら書きますね。

ありがとうございました。

経験を活かせたよろこび➀

気づき

チームでの活動中、メンバーが不安を口にしていました。

「自分が足を引っ張っているのではないか」と。

それも1人じゃなかった。

 

事実、誰も足なんか引っ張っていません。

全員が一生懸命頑張っており、すばらしいパフォーマンスを発揮していました。

 

それなのにこういう声が聞こえてくるのは、自分の力不足ではと思い…

自分が情けなくなった。

 

 

でも、私が感傷的になっている場合ではないので

その時はすぐにこの言葉をかけてました。

 

 

「全員で1つのものを作っているのだから、別に一人で1人になろうとする必要はない。誰もが得意分野と苦手分野を持っている。苦手な部分は、得意な誰かに助けてもらって、自分は得意な部分を頑張ればいい。みんなで補いあって1を作ればいい。チームで仕事することはそういうことだと私は思ってる。あなたは良くやってるんやから、その調子でやり続けてほしい。足を引っ張っているなんて誰も思ってないし私も感じない。時間がない中、いつも〇〇やってくれてありがとう。」

 

この言葉をかけて、涙するメンバーもおり…

自分に自信が持てたようで安心しました。

 

補いあって1つのものを作ることを学んだ、と発言するメンバーもいて嬉しかった。

 

 

実は、これは休学期間中のインターンシップで学んだことです。

私も元々、他人に迷惑がかからないよう、自分1人で解決すべきだという思いを持っていました。しかし、仕事をする上ではそれは不要な考えで間違っていることを教わりました。

 

会社として利益を上げ、成功することが大切なこと。1人でやってもできないのであれば、複数人で協力して完結させればいい。

 

そうすることで、単純に仕事も楽になりましたし、精神的にも楽になりました。

 

 

自分ひとりじゃない。みんなでやっている。

 

 

そんな安心を感じ、結果も出すことができたのです。

1人で抱え込まないこと。周りを頼ることの大切さを学びました。

 

 

私自身、まだ抱え込んでしまうことはあるのですが…

大分軽減されました。かなり動きやすくなってきたと思います。

 

 

ちなみに、〇〇には当事者が一生懸命やってくれた作業や、取り組み方を引き出して話しました。

 

 

 

どれくらいみんなの言葉に残ったかは知りませんが、

自分の経験を活かせたことに喜びを感じています。

 

このように、プロジェクトの活動の中では今までの経験を多く活かすことが出来ました。

他のものも紹介していきますね。

 

 

成功体験となることで、今までの経験に自信を持てています。

少しずつ自己肯定感が高まっているようで嬉しいです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

あー…でもそんな思いをさせてしまったのは申し訳ないなあ…

まだまだリーダーとして伸ばす部分も感じた体験の1つでもありました。

大切な言葉たち

昨年末の話ですが、大切にしたい言葉がまた増えました。

2つあります。

 

「リーダーは人間関係の最たるものであるから、周りの人にとって良い環境要因になること」

「自分と出会った人に損はさせない」

 

 

どちらもある企業のトップの方から戴いた、座右の銘です。

 

 

 

リーダーは人間関係の最たるものであるから、周りの人にとって良い環境要因になること」

前者のこの言葉は、授業のプロジェクトでリーダーを務めるにあたり、大切にしていました。

昔からリーダーを務める機会は多くあり、部活動のキャプテンをになったこともあったのですが、どれも「引っ張るリーダー」で私はそれを変えたいと強く思っていました。

目指すリーダー像は明確に決まっていたわけではありませんが、「自分で全てを行おうとしないこと」「周りに気持ちよく活動してもらうこと」を意識しました。

 

この言葉を聞いたとき私はリーダーの在り方を初めて認識しました。

 

 

ただ頼れる存在ではなく、その場の空気を作る。

その時その時でみんなが活動しやすい空気を察知し、すぐに作り出して浸透させること。もう、実際にやってみると難しかったです。

今回の場合、メンバーは「楽しく気軽な雰囲気」を求めるよう感じましたので、それに徹しました。

 

リーダーを意識しすぎると、ぴりっとした雰囲気を作ってしまうので。。。

リーダーでなく、普通のごっちゃんとしていれるように努力しました。

 

でも、その方が活動していても圧倒的に楽で、全員のパフォーマンスがきちんと出せていたように思います。

メンバーや目指すものによってもこのあたりは変わってくると思いますが、今回挑戦できてよかったです。

 

 

 

「自分と出会った人に損はさせない」

後者に記したこの言葉は、特にリーダーということを意識していたわけではありません。しかし、生きていく上で大切な言葉だと思いました。

 

どうしても、人との出会い関連は自分のことばかり考えてしまう私ですが、この言葉を聞いて初めて、「他人のための出会い」を意識しました。

その人のために何ができるのか。何をすべきなのか。

私と出会えてよかった、楽しい活動だったと思ってもらうためには何が必要か。

 

これに関しては、まだまだ分からず、実践もできていませんが

今後半年間の目標として、自分の胸に刻んでおきます。

 

 

せっかくいただいた座右の銘です。そして、その人との出会いもより意味あるものにするのは、受け取った私の義務だと思います。

ありがとうございました。

お久しぶりです!

近況

めっちゃ久しぶりの更新になります。

ごっちゃんです。

 

ようやく今セメスターが終わりまして、ようやくほっと一息つけました。

 

 

前に言っていた、授業のプロジェクトチームのプレゼンを東京で行ってまいりました。

メンバーのおかけでとても良いプレゼンができたと思います。

 

先輩方にも、今までで一番良かったと言っていただき非常に嬉しいです。

 

私はこのチームのリーダーを担当していました。

元々リーダーはあまりうまくないため、悩むことも多く壁にもぶつかりましたが、周りの皆さんに助けれられてどうにかたどり着くことができました。

 

さまざまな反省点と、自分の良いところを見つけることができた今回の発表。これからに生かせるように、もう一度きちんとふりかえります。

 

ありがとうございました。

春休み楽しんで、ブログもぼちぼち更新します。

去年から成長した面とまだ変わってない面。

休学・復学 気づき

はい。ごっちゃんです。

複数人数で活動していると、『周りとの活動の在り方』について考えるだけでなく『自分について』考える機会が増えます。

 

今、複数の所属先があるので、自分の得意不得意や『自分の行動パターン』がどこでも共通してきて、すごい分かりやすくなってきました。

 

一番おもしろいのは、『昨年の自分との比較』ができることです。

 

インターンシップ中は、日報・月報を書いて仕事だけでなく、自分自身の振り返りをすることが多くありました。しかも、それに対して周囲の大人からたくさんフィードバックをもらっていたので、その時何をしなければならないかと気づき、考えさせられる機会がたくさんありました。

 

自分自身を知ることをたくさんした結果、今なにかに取り組んでいると

「あのときやったことと内容はおなじ!」とか

「あのときより作業はやい!」とか

「まだまだやな~」と

気づきやすくなりました。

 記憶がはっきりしているからですね。

 

 

最近うれしかったのは、todoの作り方に慣れてきたことが分かったこと。

 

いや、こんなのできて当たり前なのかもしれないけど

 

 

私はtodoを作るのが下手で、

インターンシップ先の人や

コーディネーターと呼ばれるインターンシッププログラム担当者に

「ごっちゃんは、todoを作るのが下手ですね」

と、はっきり言われてしまうほどでした。

 

何を仕事していいのか、何を作業しなければならないのか

細分化してtodoにすることを教わり

毎日書くことに。

 

それを続けた結果なのか、今はtodoを細かく出すことが楽しくなっており

現在は普段の生活の中でもよくtodoを書くようになりました。

 

 

大学ではサークル活動など、グループワークを行うときに

todoを出す役割になるように。

 

todo作るのうまいとも言われるようにもなり、手ごたえを感じました。

嬉しかったです。

 

 

 

※ただ日々繰り返しtodoを出し過ぎて、他のメンバーを戦意喪失させてしまいました…

気を付けます。

 

 

 

他にも去年から成長した面はあるのですが、一番大きく見えるのがtodo作成かなーと思います。できなかったことが、当たり前のようにできるようになったのが非常に嬉しいです。

 

 

 

反対に、去年からあまり変わっていない面もあります。

 

 

 

それは、「自分の考えていることを人に伝えるのが下手」なことです。

言語化が下手なんです。

 

 

特に口頭での言語化はもうだめだめ。

「結局何が言いたいの?」と去年よく言われていましたが、

今でもたまに言われていしまいます……

 

そのためにも、ブログで少し言語化を練習しているのですが。

 

 

整理能力を高め、短い文章で端的に述べる練習がもっと必要ですね。

あとは力を抜くのと、考えすぎないこと!

 

シンプルにいきましょう。

 

 

 

探したらもっとあるのですが、今日はひとまずこの辺で。

ありがとうございました。